【釣り船で狙う】川馬流・イサキの仕掛けと釣り方【専用竿不要】

6月。雨が続き何となく陰気で憂鬱になるこの時期に、逆に気持ちが昂るのは私だけでしょうか。

さあ、イサキの季節がやってまいりました!

梅雨イサキは産卵を控えて栄養を蓄えますので脂ののりが最高。この時期のイサキって本当に美味しいですよね。

川馬
川馬
想像しただけで白飯2杯はイケるね!

そして当然、想像だけではおさまらず、今年も行ってきましたイサキ釣行。

陸っぱりから狙える場所もあるようですが、私のイサキ釣りは専ら釣り船からのコマセ釣り。

イサキのコマセ釣りは数が出るので沖釣り初心者にもおすすめ。外道に真鯛がかかるワクワク感もあり、老若男女問わずファンの多い釣りですね。

そこで今回は、釣り船から狙うイサキのコマセ釣りについて、私流の仕掛けと釣り方をご紹介します。

ちなみに私の流儀は、いかにお金をかけずに人並み以上の釣果を上げるか

5尾釣れる5000円の仕掛けA、40尾釣れる1万円の仕掛けB、50尾釣れる2万円の仕掛けC。その3つのうち一つを選ぶとしたら…

私なら迷わずBを選びます。要はコスパ重視。

川馬
川馬
貧乏なんで…

そんな川馬流のイサキ釣り仕掛けと釣り方について、下記に記します。参考になれば幸いです。

Advertising

イサキの沖釣り仕掛け

イサキ仕掛け図

出典:洲崎港佐衛美丸

一般的には図のような仕掛けになりますが、これが川馬流のコスパ重視仕掛けになると、以下のようになります。道具別に紹介します。

【竿】ダイワ リーディング64M

イサキ釣りの竿は、長さは2mくらいで、調子は先調子(7:3)が一般的なのですが、私は6:4の竿を使っています。

実はこれ、ライトマダイ用に使っている竿なのですが、イサキ釣りは外道でマダイがかかるので、マダイの強い突っ込みのパワーを吸収できる胴調子(6:4)はなかなかいい仕事をしてくれます。先調子の方が扱いは楽ですが、2m弱の短い竿なので胴調子でも取り回しに支障はありません。DAIWAのリーディング64はイサキ以外にも色々な釣りに重宝する、汎用性の高いお気に入りの竿です。

【リール】ダイワ レオブリッツ300J

私のリールが廃盤でご紹介できないので、似たモデルを掲載しました。

イサキ推奨は上記の小型電動リール。ただ、電動リールは上記のように小型でもかなり高額です。

そこで、まだ一つも電動リールを持っていない方には、今後も色々な釣り対応できるよう、一回り大きい以下のタイプをおすすめします。

ダイワ レオブリッツs500J

PEライン5号を400m巻ければ、鬼カサゴやライトキンメなど中深場も含め大体の釣りに対応出来ます。今後の可能性を考えて汎用性の高いこちらのモデルを購入することをおすすめします。…まあイサキ釣りにはちょっと重いですけどね。このリールについては、以下の記事にて詳しく紹介しています。

関連記事

電動リールは船釣りの必需品のひとつ。船釣りではターゲットにより水深100m、200mを越えてくるポイントを狙うことも多く、深さに比例し錘の重量も上がるため、手巻きのリールでは限界が出てきます。[word_balloon id="2"[…]

船縁にセットされた電動リール

【仕掛け】

サニービシは、船宿指定の重さを守ってください。お祭りの原因になります。

ハリスは、1.5~1.7号ではマダイがかかった時に心許ないので2号を使っています。

針はムツ針9号の三本針。初心者は二本針でもいいかもしれません。私はこの針のちもとに大きめの蛍光玉を一つ付けます。色は日によりますが、「ケイムラ」が割りと効く!…気がしています。

釣り方のコツ

イサキ釣りポイントは2つ。

第一に重要なのは「誘い」です。

イサキは、動く餌に非常に敏感に反応する習性があり、それ故に操作性の高い先調子の竿が主流なのですが、胴調子の竿の方が自然な動きで誘えるという考え方もあり、ここはまあ好みでしょうか。

いずれにせよ、とにかく常に誘うこと

第2のポイントはコマセとの同調

餌を投入し、指示タナ+ハリスの長さ分でクラッチを上げ、ハリス分巻き上げながらコマセを振る。

このコマセワークを、餌との同調をイメージしながら、いかに上手くやるかが大事。

この二点を意識すれば、あとは…運ですね。

Advertising