手漕ぎボートでまきこぼし真鯛釣り in 静岡西伊豆【釣果報告】

釣りボートからの富士と海

日時:2017年5月上旬 中潮
場所:沼津
天気:くもりのち晴れ 風1m

青空清々しいゴールデンウィーク。しかし外出すると、どこも人ゴミもみくちゃ状態。釣りに行こうか?いや、どこの堤防も当然、満員御礼。

川馬
川馬
こういう日はボート釣りに限るね!

というわけで、静岡沼津に行ってきました。
沼津・西伊豆あたりで5月に熱い釣り物と言えば、やはり真鯛!今回は、毎年恒例、ボート釣りで春の乗っ込みマダイを狙います。

毎年この時期、沼津の真鯛は大爆釣のお祭り騒ぎなはずですが、釣果情報を調べると、今年は寒さのせいか、未だに沈黙を保っている様子。

しかし2、3日前から一気に温かくなりましたからね。今日の天気も風なく良好。活性のスイッチが入る頃かな?

…そんな期待を胸に、am 5:30 現地到着。
早々にボート屋さんで料金を支払い、道具を積み込んで出航。100m先のブイに係留。
伊豆の海の真鯛釣りボートからの富士

川馬
川馬
はぁ~。この開放感たまらんわ。

そして、この霞む富士と空の色。なんだか、いかにも釣れそうな気配。

さて、海はどんなかな?
伊豆の海手漕ぎボートから

川馬
川馬
ん?なんかゴミみたいの結構浮いてる?…てか…

伊豆の真鯛釣りで赤潮に遭遇
…ん!?
あぁ~~~~~~!!!

川馬
川馬
赤潮浮いてるやん!!

まじでか~…これは厳しい釣りになるなぁ…。まあ仕方ない。とりあえずここまで来たらあとは釣るのみ!切り替えて行こう!

今日の仕掛けは下記ブログでも紹介している竿まきこぼし釣り
【本当は教えたくない】驚愕!竿マキコボシ釣法【マダイ入れ食い】

この釣りに関しては、サイズを問わなければほぼ負けなしの実績から、絶対の自信を持っている川馬であります。

早速1投目。
LIP(砂プレート)がカタカタと小気味良く真鯛のタナに落ちていきます。狙いのタナは底から5メートル。

LIPが離れ、仕掛けがふわっと解放。…どうかな?…食うかな?

…反応なし。
道糸を送り出して見るも、沈黙。餌は残ったまま。

2投目。
同じく底から5メートル。2分程待ってみる。すると…
ズコーーーーーン!!!

竿が激しく海面に突き刺さる!!!

ありゃでけーぞ!!

辺りの釣り師も注目しはじめ、それまで静寂に包まれていた釣り場がわき上がります!

…何を隠そう、今日使用している竿、非常に胴が柔らかく、15cmのチャリコクラスでもきれいな弧を描いてしなるのですが。(笑)

とはいえ、この引きの強さから推測するに、30㎝そこそこはありそうです。

「ん~、塩焼きサイズかな。」
余裕を見せんと小生意気なセリフを吐きつつ、重みを感じながら、しっかり顎に食い込むよう合わせをいれると

…グッ…ふわぁ……
あ、あ…。…なんと痛恨のバラシ。

ありゃデカかったな~、真鯛だねー
隣の釣り師A
隣の釣り師A
川馬
川馬
ん~、そんなに大きくなかったですよ、真鯛だとは思いますが。

…ダサい、ダサすぎる…。これはなんとか名誉挽回したいところ。このままでは帰れません。

(まあでも、この調子なら、いずれ釣れるな。)
…心の中でそう呟き、続行。

しかし、その後2時間。一向にアタリがありません。何度も投入を繰り返し、タナを探るも無反応。
餌にも食いついた形跡がありません。

(参ったなぁ…。)
途方に暮れかけたところ、親子らしき二人組が隣に係留。
そして、程なくして、息子さんが30cm程の真鯛をさらりと釣り上げてしまいました。

川馬
川馬
おめでとうございます。
あんまり大きくないですけどね。
親子釣り師 父
親子釣り師 父

(…あぁ、そのセリフ、そうやって使うんですね…。)

そして、その親子、しばらく続けて、もう釣れないと悟ると、早々に引き上げていきました。

この激渋の状況下で釣り上げる技術、釣った後の謙虚さ、、親子仲睦まじさ、引き際の見極め方。
(……完敗やで…。)

その後も、全く魚の気配がなく、やはりほとんど餌も残る状態が続いたため、am 11:30に終了。

釣果0。丸坊主。

あまりに悔しかったので、陸に上がって早速、次回のボートの予約を取りました。
次こそは、釣らせてくださいませ…!

スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索