ブルーギルの釣り方と秘めたる魅力!【初心者でも簡単!印旛沼で入れ食い!】




ブルーギル

バサー(ブラックバスを狙う釣り人)から疎まれる川釣りの超不人気ターゲットで、生態系を脅かす特定外来生物にも指定されています。

そんな悪名高い彼らが、今、我が家で子供達からの絶大な支持を受け、人気急上昇中なのです。

そこで今回は、川釣りの嫌われ者ブルーギルの魅力を存分にお伝えするとともに、彼らとの有意義な戯れ方について探っていきます。

スポンサーリンク
検索




名前の由来

ブルーギルは、英語で「青い鰓」といい、雄の鰓蓋の端が青っぽいことからその名が付いたとされています。

「ブ」とか「ギ」とか、濁点が多くて何だか汚ならしい印象を受けるかもしれません。字面だけ見るとゴキブリの仲間かと勘違いしそうです。

ですが、由来を辿ると「青いエラ」。何だか素敵じゃないですか?花の名前としても行けそうな気さえします。

また、「鰓」は訓読みで「あぎと」と読みます。

青井 鰓(アオイ アギト)くん

なんか、モテそうな名前じゃないですか。私の名字が青井だったら、迷わず息子に付けていたところです。

実は素敵なルックス

負のイメージ満載のブルーギルですが、一度先入観を全て捨てて、以下の写真を凝視してみてください。

ブルーギルの幼魚

あれ?意外と可愛くね?

そう思うのは私だけでしょうか。つぶらな瞳、魅惑的な縞模様、宝石のように青く輝く銀鱗。

皆さん、これがブルーギルです。

なんなら大きな水槽に入れて、熱帯魚のように群れで飼ってみるのも良いかもしれません。ネオンテトラとどちらがキレイか比べてみたいものです。

(注意!同じ水槽には絶対に入れないでください。大惨事になりますので…。)

※特定外来生物ですので、飼育には特別な許可が必要なことにも注意してください。トロピカさんの無許可で飼ってはいけないお魚「特定外来生物」についてを参照のこと。

性格は勇猛果敢

以前、私がバス狙いでワームを足元に落とし込んだ際、1投目で激しい当たりがありました。すかさず合わせを入れましたが乗らず。

もう一度同じ場所に落としたところ、再度激しい当たりが!合わせを入れましたがまたもや乗らず。

再度同じ場所を狙ったところ、また激しい当たりが!!…そして乗らず。

もう一度落としたところ、やはり当たりが!…やはり乗らず…。

そしてまた!…乗らず。

またもや!…乗らず…。

そんなことをひたすら繰り返し、10回目くらいでようやく針がかりしました。

ブルーギルです。

リリースしたところ、また同じような当たりが。今度はそのお友達でしょうか。またリリース。

するとそのとたん即当たりが!そして即リリース。

その後もお友達がそのお友達を呼び…永遠に続くキャッチアンドリリース。

…みなさんが何を言いたいのかわかります。でも言わないであげてほしい。彼らはただひたすらに一途で勇猛果敢なだけなのです。決してカバなどではありません。

縄張り意識が強く攻撃的で、仕掛けが見えると見境なく食い付き、針にかかるとものすごく引きます。

印旛沼のギル!子供たちが大喜び

見た目も可愛く、食いが良く、引きの強いブルーギル。これは子供の釣りにはうってつけ!と思い、行ってきました。印旛沼付近の支流。

ブルーギルの好む池

透明度は0.7m。意外と霞ヶ浦(0.6m)より高いとは意外でしたが、それでもまあ…汚いですね。今は生活排水などは流れていないようで、変な臭いはしなかったですが。ブルーギルは何でも食べるので、このような汚い環境の方が餌が多く好んで居着きます。

仕掛けはいたってシンプル。のべ竿、ウキ、一本針、以上。

竿は4m前後、ウキは固定式の丸ウキ糸は2号、針はチヌ2号を使いました。あまり針が小さいと飲まれて外しにくいので、針は大きめがよいです。

この仕掛けにミミズをちょんがけし、芦際に投入すると、程無くして…

特大サイズのブルーギル

ほら釣れた。ってか…

でかっ!!?

可愛さが微塵もない。それどころか恐怖すら覚えるその風貌。20cmを優に越える巨体…。推定25cm。

何やらブルーギルの日本記録は29cmらしいのですが、子供のたった一振りでこれほどの大物があがるとは。

そしてここから早速、例の無限ループに突入。子供3人を連れて竿を出していましたが、あまりにもバカスカ釣れるため私一人で3人分を捌ききれず、竿を2本に減らし続行。で、ひたすらキャッチアンドリリース。

結局、一番大きかったのは初めの25cmでしたが、外道でマブナも上がり、子供たちは大満足の様子。

この日からブルーギルは川馬家の人気ターゲットとなりました。息子たちは早くもまた行きたいとごねております。

初心者や子供でもとても簡単に楽しめる釣りなので、皆さんも是非試してみてください。

スポンサーリンク
検索




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索