【衝撃的気持ち良さ…】ヨギボーとは?自宅に備えたい厳選疲労回復グッズ!

人生の充実に「休養」は不可欠。

この過酷な現代社会を生き抜く上で、いかに効率よく精神と肉体をリフレッシュし、そこで蓄えたパワーを仕事や家庭へ注ぐことが出来るかが、その後の自分や家族の生き方に非常に大きな影響を与えます。

私の場合、精神面の疲労は趣味の釣りでリフレッシュできるのですが、…実は釣りって物凄く体力を消耗するので、肉体面の疲労は蓄積する一方。

お店のマッサージも良いですが、毎日通うお金もない…。

そこで今回は、肉体疲労に悩む私が、回復に劇的な効果を実感した、自宅に備えるべきおすすめアイテムを紹介したいと思います。

Yogibo max(ヨギボーマックス)

【全品ポイント10倍 9/2 20:00~】Yogibo Max / ヨギボー マックス【人をダメにするクッション ビーズクッション ビーズソファー】【分納の場合有り】

感想(71件)

ヨギボー。ご存じですか?

ベッドにもソファにも使えるクッションです。はっきり申し上げて、悪魔的な心地よさです。

2014年に日本に上陸し話題になったこの商品ですが、正直「人をダメにするクッション」というキャッチコピーがウマいこと当たっただけだろう…と今まで高を括っていました。

で、恥ずかしながらこの間初めて、とある温泉施設でひとっ風呂浴びたあとにこいつに腰掛けたのですが、その瞬間…

…あ…あ……

と、思わずエッチな声が漏れてしまうほどの完璧過ぎるフィット感に、抵抗する気力を喪失し動けなくなりました。そして吸い込まれるように身を預け、そのまま仰向けになり、意識を失いました。

…この温泉施設、料金が時間制なので1時間で帰ろうと思っていたところ、結局術中に陥り4時間爆睡。やられました。

で、帰宅後ネットで即購入。以後、自宅のソファとして大活躍中。

自宅での私の定位置は常にここです。

ちなみに無印良品の類似品「体にフィットするソファ」との比較ですが、こちらも確かに体にフィットし、座り心地はとても良いです。

ですがヨギボーほどの衝撃は受けませんでした。

素材や構造の違いは素人なので全くわかりませんが、「どちらが気持ちいいか?」という問いに率直に答えるなら、断然yogiboです。

また、優れている点は心地よさだけではありません。

他のクッションに比べて非常に長持ちするという点も魅力的です。中身のビーズを継ぎ足すこともできますし、カバーはメーカー1年保証付き。

一家に1つ、是非とも備えておきたいアイテムです。

一点だけ注意点をあげると、意外と場所を取るので、設置スペースは事前に考えておいた方がいいです。

アテックス ルルド マッサージスツール

【送料無料】 ルルド マッサージスツール AX-HXL174N 一日頑張った足に心地よいご褒美 つま先からふくらはぎまで しっかり揉みほぐし! 【 足 むくみ マッサージ 機 マッサージ機 足裏 マッサージ器 ふくらはぎ フットマッサージャー 対策 解消】

感想(178件)

膝下に特化したマッサージ機です。プロのマッサージに勝る!?気持ちよさを自宅で手軽に味わえます。

というか私、マッサージを受けるの苦手なんですよ。一時間6000円のマッサージを受けても全く気持ちいいと思えないんですよね。

マッサージチェアなんて論外です。最近随分と性能が向上していますが、いまだ気持ちいいと感じたことはありません。

そんな私が心から気持ちいいと感じてしまったのがこのマッサージスツールです。

このスツールに足を突っ込み、スイッチオンすると、ふくらはぎ、足首、足の裏の計22箇所のポイントを丁寧に揉みほぐしてくれます。

特に、立ち仕事で足を酷使される方には是非とも使っていただきたい。よくインテリアショップ フランフランにお試しコーナーが設置されていますので体感してみることをお勧めします。

35000円と見ると高いと感じるかもしれませんが、使ってみると納得、というかこれは安い!と感じるはず。

インテリアとして部屋の雰囲気を崩さず、イスやオットマンとしても使用できるのも嬉しいですね。

快眠枕 YOKONE2


ムーンムーン株式会社

TBS番組「この差ってなんですか?」で紹介された製品。一時期は話題沸騰で売り切れが続出し、在庫待ち状態だったらしいです。

この製品は、睡眠中に最も疲労が回復する「横向きで寝」を特許技術でサポートしてくれます。

睡眠中、疲労回復を妨げる一番の要因が「イビキ」です。

「イビキ」が肺にかける負担は非常に大きく、風船を何千回も膨らませているのと同じくらい体力を消耗すると言われます。

仰向けで寝ると首の脂肪や筋肉のゆるみから気道が狭くなり「イビキ」をかいてしまいますが、

横向きで寝ると、気道が狭くならないために「イビキ」をかきづらくなります。 

出典http://www.tbs.co.jp/konosa/archive/20160724.html

ここでイビキと聞いて、自分は関係ないと思った方は要注意!

イビキって、自分では、かいていることに気付かない方も多いです。私も実際そうでした。

いくら寝ても疲れが取れないと感じる方、原因がイビキである可能性は高いですよ!

この横向き寝専用まくら「YOKONE(ヨコネ)」、試してみる価値はあると思います。

以上、短いですが、厳選に厳選を重ねた3点です。

自宅での休養の改善が皆さんの生活をより充実にしてくれることをお祈りします。



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索