釣り初心者が知っておくべき釣りの種類を解説!釣り方別の釣れる魚や難易度など

ジギング、エギング、浮き釣り、投げ釣り…釣りの種類って一体どれくらいあるんでしょうか?

釣りの起源は石器時代にまで遡ると言われますが、当時の釣りは、動物の骨から作った針と、植物から作った糸を使用した非常に簡素なものだったようです。

しかし現在では、「釣り」と一言で言っても様々な釣法が存在し、それぞれ奥が深く難解。

そして、その分かりにくさは、釣りにトライしようとする人を妨げてしまう要因だと私は思っています。

そこで今回は、釣りに興味を持っている方や釣り初心者の方に、釣りの種類を知っていただき、その「分かりにくさ」を解消していただくために、釣りの種類別に、仕掛け、釣れる魚、難易度などを簡潔に説明し、更にその中で初心者がトライしやすい釣りを深掘りして解説していきたいと思います。

Advertising

釣りの種類別 釣れる魚と難易度

釣りの種類(釣り方)について、まずは全体像を知っていただくために、主なものを一覧にまとめてみました。なお、記載した難易度は私の主観ですのでご参考まで。

釣りの種類釣れる魚難易度
ウキ釣りチヌ、メジナ等
ダンゴ釣り(紀州釣り)チヌ等
投げ釣りキス、カレイ等
カゴ釣りサバ、マダイ等
サビキ釣りアジ、イワシ等
穴釣りカサゴ等
ミャク釣りチヌ、ニジマス等
ヘチ釣りチヌ等
ルアー釣り青物、バス、イカ等
フライ釣りニジマス、ヤマメ等
船釣り様々
友釣り

以下ではこれらの釣りの種類別に概要を解説します。

釣りの種類① ウキ釣り

メジナ

ウキ釣りは文字通り「ウキ」で魚のアタリをとって釣り上げる釣法。ここでは、ウキの下に他の仕掛けを付けないシンプルな仕掛けをウキ釣りと括っておきます。サビキ釣りやカゴ釣りでもウキを使う場合がありますが、それはそれぞれの項目で。

ウキ釣りの魅力は、岸に寄ってきた多種多様な魚を狙うことができること。ターゲットはクロダイ、メジナ、マダイ、カワハギ、イナダなど様々。場所によっては大型も期待できます。

タックルは磯竿と小型スピニングリールの組み合わせが一般的。オキアミ、アミに集魚材を混ぜたコマセを撒きながら魚を寄せて釣る「ウキフカセ釣り」では大物が狙えます。

主な釣り場はテトラポットの際や潮通しの良い堤防、磯など。

ウキ釣りの難易度は一概には言えません。例えばコマセと付け餌を同調させる「ウキフカセ釣り」の難易度は高いですが、固定ウキを使った小魚狙いの単純なウキ釣りは非常に簡単です。

なお、ウキ自体にも様々な種類があります。なかなか奥が深く、気になる方は以下の記事を参照してみてください。

関連記事

釣具屋でウキを探すと、実に様々な製品が並んでいて、「こんなに形や浮力の違うウキがあるけど意味あるの?」と思う方も多いのではないでしょうか。ウキの選択は、釣りにおいて釣果に直結する重要な要素。魚のいる場所(タナ)へ如何に違和感[…]

ウキ浮力一覧

釣りの種類② ダンゴ釣り(紀州釣り)

チヌ

ダンゴ釣りは、チヌを確実に釣るために開発された釣法。

エサ取りをかわし高確率でチヌを釣り上げられるのがダンゴ釣りの魅力です。

タックルはウキ釣りと同じく磯竿と小型スピニングリールが基本。麦や集魚材を配合した粉でエサを付けた針を包んで団子状に固め、海底に放り投げ、しばらくしてダンゴが溶けて現れた付けエサに獲物が食い付く…という仕組み。

狙えるポイントは水深が一定している漁港・堤防など。

ダンゴ釣りの難易度は、集魚材の配合の奥が深く、定め難いところがありますが、やり方を覚えればビギナーでもチヌを割と簡単に仕留められます。

釣りの種類③ 投げ釣り

シロギス

投げ釣りは海底の魚を狙う釣り方。

投げ方さえ覚えれば初心者でも比較的高確率で魚が釣れるのが投げ釣りの魅力です。虫餌は餌もちが良いため、1投あたりのヒット率が高いのが特徴です。

主なターゲットはシロギス、マダイ、クロダイ、カワハギなど。中でもシロギスが人気で、サーフや堤防から楽しむことができます。

タックルはターゲットにより変わってきますが、シロギス狙いなら、投げ竿30号4mに投げ釣り用リール、仕掛けは固定式L型テンビン20号に3本針のキス仕掛けなどでしょうか。

エサはアオイソメがスタンダードですが、シロギス狙いならジャリメやチロリ、大型魚狙いならイワイソメやユムシなど、ターゲットによります。

釣りの種類④ カゴ釣り

魚を釣った子供

カゴ釣りは陸から沖の潮目を狙う釣法。

遠投で広範囲を狙い、コマセと仕掛けを同調させ鯛など大型魚を狙うことができるのがカゴ釣りの魅力です。

タックルは遠投磯竿4号または投げ釣り用の竿でも代用できます。リールは大型のものが必要。道糸はナイロン5号と太めの仕掛けになります。エサはオキアミを使います。

釣り方は、思い切り遠投しタナが取れたところで、竿をあおりコマセをばらまき、後はしばらくアタリを待つという形です。

オキアミを使うため餌を頻繁に変える必要がありますが、遠投が必要なためかなり体力を使い、更にお祭りもしやすい…と、デメリットが多いものの、コマセの同調はオートでテクニックは要らないため、難易度はそこまで高くないかなと思います。初心者が大物を狙える釣法です。

釣りの種類⑤ サビキ釣り

アジとイワシ

サビキ釣りは針のたくさん付いた仕掛けを上げ下げし、アジなど小魚をメインに数を狙う釣法。

ファミリーフィッシングの王道で、誰でも鈴なりの大漁が期待できるのがサビキ釣りの魅力。

タックルは後程紹介するのでここでは割愛します。仕掛けの種類は大きく分けて「スキンサビキ」「バケサビキ」「トリックサビキ」の3種類があり、状況に応じて使い分けることが釣果に繋がります。

釣りの種類⑥ 穴釣り

ブラクリでカサゴ釣り

穴釣りはテトラポット等の穴から仕掛けを落とす釣法です。

一つ一つアタリをを探っていくワクワク感とカサゴなど美味しい根魚が釣れるのが穴釣りの魅力です。

タックルは1~1.5m程の短い竿と小型のリール、ブラクリという錘のついた針、以上です。

穴釣りは仕掛けや釣り方自体はとても単純なのですが、基本テトラポットなど足場の悪いところを探っていく釣りになること、駐車場など含めた釣り場探しの難しさを考えると、難易度は高いかなと思います。

釣りの種類⑦ ルアー釣り

たくさんのルアー

ルアー釣りは疑似餌を使う釣法。バス釣り、イカ釣り(エギング)、アジング、メバリング…などルアー釣りの中でも釣りの種類は豊富で最近人気の釣り方です。

とにかく状況に応じてルアーを変え、誘い方を変えと試行錯誤しながら魚に食わせるゲーム性の高さがルアー釣りの魅力でしょう。

タックルはターゲットによりますが、竿はダイワのクロスビートswシリーズが価格的にも手頃で、ターゲットに応じた多様なラインナップを有しており初心者にはオススメです。

関連記事

2020年4月にダイワ(Daiwa)から、「クロスビートSW」が発売されます!(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arg[…]

ダイワクロスビートSW

釣りの種類⑧ 船釣り

アカムツ

沖に出て本気で魚を釣りに行く船釣り。お金はかかりますが、高確率で狙った魚を釣ることができ、大型が期待できるのが船釣りの魅力です。

アマダイ、オニカサゴ、アカムツなど、料亭で数千円する高級魚を狙うこともできます。

船釣りを始めてみたい方へは、極力お金をかけずにトライする方法を以下の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

関連記事

釣りを楽しむフィールドというと、「磯」「堤防」「渓流」などありますが、その中で最も敷居が高く、初心者が足を踏み入れづらい場所が「釣り船」(船釣り・沖釣り)ではないでしょうか。だってそうですよね…[word_balloon i[…]

釣り船にセットした電動リール

なお、船釣りの難易度はターゲットにより様々なので一概に言えないのですが、乗合船に乗る時点でハードルが高いかな…と思い、高めに付けました。

釣りの種類⑨ 鮎の友釣り

鮎の友釣り

縄張りを守る鮎の習性を利用し、おとりを使って鮎を狙う友釣り。

友釣りは、活き餌を使うことや、ウェーダーを着用し川の流れの中で長い竿を操り、ウキを使わずアタリをとらえるなど高い技術が必要となるため、難易度は非常に高いと思います。

そして、竿をはじめ道具も高価。鮎釣りを始めるには相当な覚悟が必要。

実は私はこの友釣りは未経験なのですが、こんな釣りもあるんだと知っていただきたくて、敢えてピックアップしてご紹介しました。

Advertising

トライしやすい釣り方を深掘りして解説

上記で紹介した様々な釣りの種類の中で、初心者でも簡単にトライでき人気のある「ウキ釣り」「サビキ釣り」をピックアップして、仕掛けと特徴等の詳細を深掘りして解説していきます。

ウキ釣りの詳細

釣りのウキ

ウキ釣りは非常にベーシックな釣り方。釣りと言ってまず思い浮かべるのがこの釣法ではないでしょうか。そんなウキ釣りも深掘りすると実は様々なバリエーションがあるのですが、ここでは中でも一番シンプルな固定仕掛けのウキ釣りを紹介します。

ウキ釣りの固定仕掛け

ウキ釣りの固定仕掛けは以下の通りとてもシンプルです。

ウキ釣り仕掛図

出典:海釣りスタートガイド

竿は3.6~5.4mの延べ竿(硬調、先調子)、道糸はナイロン2号、ハリスはナイロン1.5号、針はチヌ号の組み合わせがシンプルかつ使い勝手が良いでしょう。

この仕掛けでメバルやウミタナゴなど様々な小物釣りが楽しめます。

ウキ釣りのコツ

この仕掛けのコツは、魚のいるタナにウキ下を合わせること。ゴム管の位置を調整して、上層から中層に設定してあげましょう。

また、アミ(コマセ)を撒くと魚が寄ってきて釣りやすくなります。

ウキ釣りの特徴

固定仕掛けのウキ釣りの特徴としては

  • 仕掛けの準備が簡単
  • 魚の強い引きを直に楽しめる
  • ライントラブルが少ない

などが挙げられます。初心者が実践しやすく、特にファミリーフィッシングでおすすめの釣り方の一つです。

サビキ釣りの詳細

サビキ釣り

出典:好奇心の旅

サビキ釣りは、手軽にたくさんの魚を釣ることができる釣法。小魚の数釣りならサビキ釣りが一番です。難易度が低いので、初心者や子供の海釣り入門として楽しめる釣り方だと思います。

サビキ釣りの仕掛け

サビキ釣りの仕掛けは下図のとおり、ウキ釣りと同様非常に簡単です。

サビキ釣り仕掛図

出典:釣り百科

下カゴ式なら必要なものは竿、リール、サビキ仕掛け、錘付きコマセカゴ、以上。

ベストタックルは場所や使用者の技量により、竿なら投げ竿、磯竿、延べ竿などほぼなんでも対応可能ですが、初心者なら長めのルアー竿+小型スピニングリールが扱いやすくオススメです。特に私はのオススメはダイワクロスビートシリーズ。

関連記事

2020年4月にダイワ(Daiwa)から、「クロスビートSW」が発売されます!(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arg[…]

ダイワクロスビートSW

サビキ仕掛けについて、前述した3つの仕掛けの解説をすると「スキンサビキ」は主にアジ、イワシ、サバ、タカベに効果的。「バケサビキ」はアジ、イワシ、サバの他、メバル、コノシロ、ウリボウなどにも効きます。「トリックサビキ」はセッティングが面倒なものの、上記の魚に加え、ウミタナゴ、メッキ、カワハギなど何でも来いの万能仕掛けになります。

なお、竿、リール、サビキ仕掛け全てがセットになった商品がネットで売られていますが、粗悪なものが多く当日釣り場で壊れる可能性が高いため私はオススメしません。それぞれ別々に購入した方がよいかと思います。

サビキ釣りのコツ

サビキ釣りで釣果を上げるコツはズバリ「手返し」。仕掛けを投入し、カゴ上下し誘いを入れ、魚が掛って取り込んだら、ラインが絡まないようテンションを張ったまま魚を外し、即カゴにコマセを詰めて仕掛けを投入する…という一連の動作をいかに手早く行えるかが釣果を大きく左右します。サビキ釣りはコマセで魚を寄せて釣りますので、手返しが悪いと魚はその間にどこかへ行ってしまいます。

また、周りが釣れているのに自分だけ釣れていない場合は、タナの深さとサビキ針(色や皮の種類)を変えてみるといいでしょう。タナは一般的にアジなら底から2~3m上、イワシなら更にその少し上を回遊していることが多いです。サビキ針はスキンかトリックかの違いで食いが全く違うこともあります。

更に、サビキ仕掛けに一工夫することで初心者や子供でも必ず魚が釣れる方法を以下の記事にまとめましたのでご参考まで。

関連記事

[word_balloon id="4" position="L" size="M" balloon="talk" name_position="under_avatar" radius="true" avatar_border="fals[…]

子供が釣りで笑顔

サビキ釣りの特徴

このように、状況に応じて仕掛けやタナを変えながら、いかに数を伸ばしていくかが醍醐味のサビキ釣り。このサビキ釣りの特徴は

  • テクニックが不要で初心者や子供でも簡単に魚が釣れる
  • 回遊に当たれば大漁が期待できる

というところでしょう。

Advertising

釣りの種類まとめ

ということで、今回は「釣りの種類」について、各々の釣り方や難易度、魅力などをご紹介しました。まとめると

  • ウキ釣り
  • ダンゴ釣り
  • 投げ釣り
  • カゴ釣り
  • サビキ釣り
  • 穴釣り
  • へち釣り
  • ルアー釣り
  • 船釣り
  • 友釣り

釣りに興味はあるけど「面白そうだな」止まりで実際やったことのない方や、釣りを始めて間もない初心者の方は、はじめに上記の「釣りの種類」を俯瞰的に知っておくと、釣りの引き出しが増え、また自分と相性の良い釣りに巡り会うこともできるはず。

特に「ウキ釣り」「サビキ釣り」は初心者にもトライしやすく初めての釣りにオススメです。

それでは、皆さんの充実したフィッシングライフをお祈りします。

Advertising