【簡単!】海釣り 子供でも簡単に必ず釣れる方法!【釣り歴28年の私が紹介】

(息子)「お父さん!魚が釣りたい!」

(娘)「お父さん頑張って釣って!」

(妻)「せっかく来たんだから夕飯の食材くらい確保してよね」

…そんな家族の期待を一身に背負って臨むファミリーフィッシング。父親の威厳を保つために、ボウズだけは絶対に許されません。

さてここで、「必ず魚を釣る」ことって、難しいことだと思いますか?

実は意外と簡単です。

・魚のいる場所に行くこと

・魚の食う時期に行くこと

・魚の好むエサを使うこと

この3点をおさえることが出来れば何かしら必ず釣れます。

釣りには技術も必要ですが、情報収集が第一に大事。

いつ、どこで、どんな仕掛けで何が釣れるのか知ることが最重要なのです。

一方、ベテランでも全く魚が釣れない日はありますが、これはただ単に釣れないだけのボウズとは意味が異なります。

潮、天候、釣り場など必ずしもベストでないなかあえて竿を出し、釣れない理由を自分なりに分析して次回に繋げる糧にするためのボウズです。

そのようにして検証を繰り返し、自分の持つ情報を深めていくことで釣果アップに繋げていくのです。

…そんなわけで前置きが長くなりましたが

今回は私の今までの経験から、どんな条件下でどんな仕掛けを使うと、何が釣れるのかを踏まえた上で、

ファミリーフィッシング(海釣り)で、子供でも手軽に良型の魚が釣れてしまう方法をご紹介したいと思います。

以下に挙げることを忠実に守っていただければ、99%釣れます。(大きさ不問ですが。)

是非とも実践してみてください!


●釣り場を決める

釣り場を決める際は、第一に子供の安全に配慮し、以下の点に注意しましょう。

①足場は良好であること

テトラポットは滑って転倒する恐れがありますし、地磯は潮の満ち引き等、ある程度知識がないと危険です。できれば避けましょう。子供を連れていくなら安全第一で。

また、ライフジャケットの着用は必須です。潮の流れる海に落ちた子供を助けるのは至難の技。プロでなければ無理だと断言します。

以下の記事でオススメのライフジャケットを紹介しているのでご参考まで。

子供用オススメ釣り用ライフジャケットは?

https://kawauma.com/lifejacket/turi

②潮通しが良いこと、水深が深いこと

潮通しに関しては、湾内でなく、外海に面した堤防がベストでしょう。更になるべく水深の深い釣り場を探しましょう。

上記①、②を満たす釣り場としては

千葉なら南房総の堤防

静岡なら沼津の静浦港

は、潮通しが良く魚影が濃いめです。(但し、比例して人口密度も非常に濃いので注意。静浦港はハイシーズンになると朝5時には釣り場が埋まります)


●日程を決める

必ず釣れると断言できるのは、8月・9月の「大潮」の日です。

1月・2月の厳寒期に、後程紹介する必釣法を使っても釣れません。

また、「小潮」など潮の動かない日に釣りにいっても、堤防では釣りになりません。

魚が居ないところに釣糸を垂らしても釣れるわけがありません。あくまで8月・9月の大潮の日が前提条件となります。


●仕掛けを準備する

準備するのは一般的な「サビキ釣り」の仕掛けです。

引用元:http://www.fish-maps.com/sikake/sabiki.html

えっ!?必釣法ってまさかサビキ!?

はい、基本的にはサビキです。が、ここで一工夫します

仕掛けの針ひとつひとつにオキアミを無理矢理引っ掻けます。

根本のスキンが邪魔できれいにオキアミが刺さらないと思いますが、多少の型崩れ等はお構いなしです。

で、セッティングが完了したら、これを30~40メートルほど遠投します。付けたオキアミ達が外れないように投げるには少し慣れが必要かもしれません。

錘が着底したら、糸をたるませないようテンションを保ちつつ、振っては数秒止めて、巻いては数秒とめて…と適当に誘いをかけます

…これで大体釣れちゃいます。


以上が、夏の必釣法の主な内容でしたが、ミソは8月・9月の青物の活性の高さにあります。

彼らはこの時期、目にはいるものを見境なしに荒食いします。

餌のオキアミが針に沿って真っ直ぐついていようがいまいが、頭が取れていようが関係ありません。

更に、普通、青物は表層で釣るものですが、この時期の潮通しの良い堤防では、底の方にも降りてきます。

つまり、少し沖に投げれば、どこでも釣れます。

ですので、サビキ仕掛けを使い、針の数でヒット率を高め、

かつ、なるべく岸から離れた潮の流れのある回遊ポイントに投げ込んでやるのです。

8月9月であれば運が良ければ、30センチ弱のワカシ(ブリの子供)やサバソウダガツオ入れ食い状態になります。

うちの息子もワカシの入れ食いには大興奮でした。

なお、この仕掛けに最適の竿として私がおすすめしているのが、DAIWAのクロスビート。

子供用のオススメ釣竿は?【釣り歴28年の私のイチオシ】

この竿の詳細は上記ブログで紹介しているのでご参考まで。とにかく軽くて扱いやすく、長さや固さもこのような釣りにぴったりだと感じています。

それでは、お子さんとの海釣りで充実した夏を過ごして頂けることを祈っています!



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索