【のべ竿とは?】延べ竿の種類や価格 【簡単にまとめ】

子供とのべ竿

先日、下記のブログ
子供用のオススメ釣竿は?【釣り歴28年の私のイチオシ】

にて、「3~5才の幼稚園児には、のべ竿がオススメ」と、ご紹介しましたが、延べ竿とはどんなものかについて、以下にまとめました。

スポンサーリンク
検索

延べ竿とは何?

簡単に言うと、リールを取り付けない竿のことです。リールを使わないので、ガイド(糸を通す金具)もありません。糸は穂先のリリアン(ヒモ)に直に結びます。

延べ竿で釣れる魚

基本的に、延べ竿は川釣りで使用するものが主流で、鮎、マス、ヤマメ、ヘラブナなどが主なターゲットです。

もちろん海でも使えます。私もアジ、イワシをはじめ様々な魚を釣っています。

延べ竿の長さ

短いものは120㎝くらいから、長いものは10mを超えるものまであります。釣り場や狙う魚種によって適した長さがあります。鮎竿なんかはかなり長いです。

私は4メートルくらいのものを良く使います。海にも川にも使える、汎用性の高い長さです。

延べ竿の重さの仕組み

素材によって大きく異なります。大半は、「カーボン」と「グラスファイバー」でできており、カーボンは、グラスの倍くらい軽い!…ですがその分、高価です。更にそのカーボンにもピンからキリまでありますので、質のいいものが当然軽くて高価です。

つまり重さは、価格に比例します。標準的な重さは、4.5mの竿で120~150グラムくらい。高価なものだと、9mの竿でも200グラムを切ってきます。

子供には軽いものを使わせたいけど、高価なものは触らせたくないし…悩みどころですが、我が家は3000円~5000円と結構安いのを使わせてます。我が子四人に使わせ、何度か先端を折られては補修をし、今では随分短くなりましたが、子供の釣りには全く支障ありません(笑)。

延べ竿の調子(曲がり方)について

「先調子」「本調子」「胴調子」があり、目安として、先調子は8:2で、竿の先端付近がしなります。本調子は7:3で、竿がちょうど「へ」の字にしなります。胴調子は6:4で、竿の真ん中あたりから弧を描くようにしなります。

先調子は先が細いため竿自体の重さを感じにくく、操作性にも優れています。胴調子は魚の勢いを吸収して、捕獲率を上げてくれます。そしてその中間が本調子となります。

この調子も、釣りものによって選びますが、我が家の釣りで使用頻度が高いのは操作性の良い先調子です。

延べ竿の硬さについて

硬さの表記には「中硬調」「硬調」「硬硬調」などがあります。他にも「中硬硬」「硬調硬」「超硬調」「抜硬調」など見かけますが、メーカーや製品によって言い方が違うんですかね。これらは延べ竿の中でも「渓流竿」に分類される竿の硬さを示す表記です。

他の種類の延べ竿にはこのような表記はありません。硬さの違いはあるのですが、製品それぞれにこだわり抜いた違いがあるようで、一概に「硬い」とか「軟らかい」という言葉で括ってほしくないのでしょうか…一本一本、手にとって確かめてあげましょう。

ちなみに我が家で子供が使う海のサビキ用の竿は、固めの渓流竿を使ってます。複数匹魚がかかったときに抜きあげやすいので。

のべ竿の種類と価格

現在どのような「延べ竿」がどれほどの価格で販売されているのか挙げてみます。(金額は某一流釣具メーカー小売価格を参考)

渓流竿
川の上流域、幅が細めの川などで使用します。長さ4.5~7mくらいが一般的でしょうか。
10,000円~65,000円

我が家ではネットで購入した5000円程度の竿を使っていますが、故障もなく結構重宝してます。はじめはそれほど高い竿は必要ないと考えています。

本流竿
幅の広い川で使用する竿。だいたい9m前後。大物を釣るために、カーボン製でもパワーを出すため自重は重め。
30,000円~180,000円

ヘラ竿
ヘラブナ釣りで使用する竿。長さは場所や好みによってそれぞれといったところで2.5m~7m。
ヘラ竿は長さの単位が「m」でなく「尺」で表記されるのが一般的で、目安は1尺=30cm。
13,000円~170,000円

鮎竿
鮎専用竿で、主に渓流で使用しますが、川を広く探ったり、獲物に警戒心を与えないために長めの作りになっており長さ9m前後。
友釣り用の「友竿」と、コロガシ釣り用の「コロガシ竿」がある。

友竿 35,000円~500,000円
コロガシ竿 20,000円~60,000円

テンカラ竿
毛鉤を使ってマスなどを釣るテンカラ釣り専用竿。
8,500円~35,000円

はじめに買うならどんな竿?

何をどう釣りたいかによって、上記を参考に選んでいただければ良いと思います。

私的には、渓流竿(4.5メートルの硬調で、価格は5000円前後の無名の竿)が使いやすく、川釣り、海の堤防釣りで大変重宝しています。

子供の釣りデビューにうってつけなのもこのような渓流竿です。また海メインなら硬調よりも、硬硬調の方が使いやすいかもしれません。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
検索