キャンプの必需品!テント・コンロ・ランタンはコレで間違いなし【初心者必見】




ジェントスのLED ランタン

キャンプの必需品と言えば、真っ先に挙がる道具が、「テント」「バーベキューコンロ」「ランタン」ではないでしょうか。キャンプ用品三種の神器と言っても過言ではない、非常に重要なアイテムですね。

それゆえ、この3点の選定は特に失敗したくないところです。

しかし、キャンプ初心者の方は、この3点を、実戦経験がほぼ無い中で口コミ等の情報のみを頼りに買い揃えなければなりません。

実際に何度か寝泊まりしてキャンプの勝手が分かってくると、どういう場面でどういう道具が必要かイメージができるのですが、経験の浅いもしくは全くない初心者の方は、とにかくネットや友人からの口コミを頼りに、収集した情報を想像の中で整理し、何が正解なのか不明確な中で高額な投資をすることになります。私もそうでしたが、とても不安ですよね。

そこで今回は、そんな初心者の方へ、テント・バーベキューコンロ・ランタンについて、自称熟練キャンパーの経験をもとに間違いない逸品を紹介し、楽しく快適なキャンプ生活の手助けが出来ればと思います。

スポンサーリンク
検索




初心者にオススメのテント

テントは、これぞ言うまでもなく必要不可欠なキャンプ用品。毎回必ず使用しますし、非常に高価な道具ですので、購入にあたり皆さん念入りに情報収集していると思います。

ネット上の情報も豊富ですので、調べた結果、理想にあった形を選んでいただければ良いと思いますが、私からは以下のとおり、人数に応じておすすめのテントをご紹介します。

ソロキャンプ、夫婦キャンプ

1名、2名のキャンプでは、テントの用途は寝ることくらいですので、居住性を重視した大きなテントは必要ありません。

できるだけ自由時間を多く確保するために、設営、撤収が簡単なテントがオススメです。

中でもモンベルのムーンライトがオススメ。

月明かりの下でも設営ができる!とのコンセプトの通り、設営は超簡単。

現在は夫婦ふたりだけど、今後家族が増えて大きいテントに買い替えるだろうし…、と不安を抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば友達や親戚と一緒に行く際役に立ちますし、気分転換にソロキャンプに出掛けたい時にも使用できますので、家族テントとは別の用途で重宝します。持っていて損はないと思います。

家族キャンプ(4~5人用)

家族キャンプで使うテントは、大人数で寝るために広いスペースが必要ですし、子供の面倒をみていると、着替えや何やと寝る時以外で利用することも多く、居住性の高いものが良いと思います。

私の家族キャンプの初テントは、可愛さに惹かれ購入した三角のワンポールテントでしたが、当時4人でも手狭、真ん中のメインポールが寝るとき邪魔、入り口の開閉がしづらいなど難点が多く、すぐに買い替えてしまいました。

そんな私としては、以下のブログで紹介しているコールマンのトンネル2ルームハウスをオススメします。

家族キャンプのテント選び。4人家族、5人家族はじめ、お子さんをお持ちの全てのご家族にオススメしたいテントが、大型2ルームテントCOLEMANコールマンアテナ トンネル2ルームハウス/LDX。 圧倒的なコスパの高さ、驚愕的な設営の簡単さ。

カマボコ型の2ルームテントで、広い上に簡単設営が売りの製品。

寝室とリビングが一体のこの2ルームテントは非常に便利で、タープを別途設営する必要がない上、雨の日も寝室から濡れずにリビングに行くことができます。家族テントとしては間違いなし!

初めてのバーベキューコンロ

バーベキューコンロは、どんなものを買ってもそれなりに機能しますので、選定にさほど神経を使う必要はないと思います。

私のデビューコンロはユニフレームのこの製品でした。

ロゴスやスノーピークの製品と比べると耐久性に劣り、何回か使っているうちに形が歪んでしまうんですが、使用に支障はないため、私は気にせず使い続けています。焚き火台としても使えるところが便利。歪みが気になってきたら焚き火専用にしてしまってもよいかと。

初めてのキャンプでは他にも色々と出費がかさみますので、バーベキューコンロあたりは安価なこの製品で様子見するのも良いかと思います。

丈夫なものが良いのであれば同じく焚き火台とバーベキューコンロ両方の機能を持つスノーピークの焚き火台がイチオシ。高いですけど。

ランタンは明るさ重視

初ランタンの購入では私も非常に後悔しましたので、そんな経験も踏まえて以下で詳しくご紹介したいと思います。

初めて選んだLEDランタン

ランタンを燃料で大別すると、ガスランタン、ガソリンランタン、LEDランタンの3種類になります。

当時キャンプデビューに向けて準備していた私は、その明るさと管理の手軽さに惹かれ、電池で使えるLEDランタンを購入しました。選んだ製品がこちら。

当時のLEDのランタンでは最強との呼び声も高かったジェントスの製品。最大1000ルーメンの明るさが他製品を凌いでいたため即決しました。確かに当時同じLEDランタンの中では突出した明るさでした。ですが…

ガスランタンとの明るさの違いに愕然

とある日、友人とキャンプに行った際に、友人が持っていたガスランタンとうちのLEDランタンの明るさを直に比較し、その歴然の違いにショックを受けました。えっ、なんでこんなに違うの…!?

ガスランタンは、専用の燃料を別途購入しなければならないこと、ガスの扱いが不安だったことから、はなから候補から除外していたんですが…。

その点、LEDランタンなら電池を充電すればすむので、LEDに絞ってネット上の口コミ情報を片っ端から調べまくりました。そこで「他の追随を許さない」とか「圧倒的に明るい」とかいうコメントや説明を読んでいるうちに、このランタンは全てのランタンの中で最高レベルに明るいのだと勝手に勘違いしてしまいました。ただそれってあくまでLEDランタンの中での話であって、ガスやガソリンは除いた中での話なんですよね。ああ勘違いしたー…。

で、実際どれくらい差があるのかですが、数値で1000やら2000やら言われても、2倍、3倍などといわれてもいまいちピンときません。文章で説明しても伝わらないと思いますし、写真でもうまく撮れないので、もう使ってみていただくしかないのですが…。

あえて例えるなら、車のヘッドライトでいうと、ハロゲンと、キセノンぐらい。

刺身の旨さでいうとキハダマグロと本マグロぐらい。

冷凍サンマか秋の生サンマぐらい。

………。
川馬の嫁
川馬の嫁
川馬
川馬
!!……すんまそん…。

ただでさえ伝わらない中、例えが下手すぎてもはや意味不明ですが、明るさの違いを実際並べて比較しないと納得できないと思いますが店舗でも試せないのが残念。安全性やコストの問題もあってかランタンの展示販売って見たことないですよね。

ですがとにかく、ガスランタンは絶対に一つ、メインランタンとして持っておいた方がいいですよ!

最近はLEDランタンの照度がかなり上がってきてますが、それでもガスの明るさを凌ぐ程ではありませんし、なによりキャンプに来た感を味わえます。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
検索




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索