バーベキューで魚がうまい!海鮮バーベキューにオススメの魚を紹介

  • 2020年12月29日
  • 料理
  • 805View

バーベキューで「魚」を焼く方って少ないですよね。まあそもそもアメリカ発祥のお肉が主役の料理なので当然といえば当然でしょう。

ただ、これだけ日本人に親しまれているなら、日本文化と融合して「魚」の出番がもう少し増えても良さそうなもの。

魚介を焼くと「海鮮バーベキュー」なんて言いますが、ホタテ、サザエ、イカ、エビなどの貝類や甲殻類が中心で、やはり「魚」の影は薄め。

そこで今回は、私がバーベキューで魚を焼き、そのうまさに狂喜したときのことについて紹介し、海鮮バーベキューでオススメの魚についてまとめます。

Advertising

バーベキューでホッケの開き

ホッケ

最近コロナの影響でめっきり外出しなくなった我が家では、休日になると庭でバーベキューを楽しむことが日課になりつつあります。

そんな中、先日のおうちBBQで、ヘルシー思考の嫁が冷蔵庫から徐にホッケの開きを取り出して焼きはじめたんですよ。

…せっかくのBBQ、普段食べない牛肉で腹を満たしたいと思っていたところに、我が家の食卓の顔馴染みがまさかの登場。

いつも侘しい我が家の食卓を、持ち前のボリューム感で盛り立ててくれる頼もしい彼。ですがバーベキューとなると話が違いました。

ホッケの開き

体をおっぴろげて焼き網の約半分を我が物顔で占領する図々しい姿、しかも…焼きあがるの…遅っ…かと思えば裏側をめくってみると、いつの間にか焼き面の皮が炭のように真っ黒になってるし…なんやねん。

…そんなこんなではじめの印象は最悪だったんですが、焼きあがったその身に箸を入れると「ジュワっ」と脂が滴り食欲をそそります。ホクホクした身を口に入れると…

えっ?うまいっ!

ホッケ独特のあの風味と炭火の香りのマッチングが妙絶。

炭火って、食材をひと味もふた味も美味しくしてしまうマジカルファイヤーですね。普段食べ慣れた食材を焼くことで、その効果をよりはっきりと感じることができました

バーベキューで鮭の塩焼き

冷凍鮭

そんなマジカルファイヤーの効果を確かめるべく、次に嫁が持ってきたのが冷凍した「塩鮭」。

干物の炭火焼きなら居酒屋等のメニューにもありそうなので、そのうまさを知っている方は多いかもしれませんが、炭火で鮭の塩焼きを試した方はかなり少ないはず。

バーベキューと聞いただけでがっつりお肉のスイッチが入ってしまうであろうところに、誰がわざわざ日本の朝食の顔である「鮭」を焼こうとするでしょうか。

焼き鮭

で、肝心のお味は…

…ぅうまっ!

これは美味しい。ホッケと同様、鮭の元々持っている独特の風味を炭火の香りがうまく包んで鼻の奥で香ばしく香ってきます。

炭火の効果や恐るべし。というか、塩鮭のポテンシャルの高さにちょっと感動…。

カルビ(カナダ産)、ハラミ(米国産)…外国肉のるつぼと化したその場は彼にとってアウェイに他ならないはずですが、そんな中に溶け込みながらも存在感を発揮する彼の姿に、正に「和」の精神を感じ、日本人に生まれて良かったと改めて思う私でした。

Advertising

バーベキューで美味しい魚まとめ

サンマの炭火焼

意外にも美味しかったBBQでの魚達。今回紹介したのはホッケの開きと塩鮭でしたが、基本的にどの魚を焼いても失敗は無さそうです。

考えてみると、日本には古来からサンマなどを七輪で焼く文化がありました。最近では魚を手軽に美味しく焼ける器具が流通して忘れがちですが、昔から当たり前のように炭火で魚を焼いていたんですよね。

BBQ+魚が欧米文化と日本文化との融合だなんて革新めいたことを言いましたが、何のことはなく元から日本に存在した伝統的な調理法だった訳で…。

とにかく、魚を炭火で焼くと最高に美味しいことが実感できたのはよかった。ことホッケの開きと塩鮭については、海鮮バーベキューで主役を張れます。皆さんも是非一度試してみてください。

なお、海鮮バーベキューを楽しむなら海キャンプが最高ですね。オススメの場所を以下の記事で紹介していますのでご参考まで。

関連記事

自然が豊富で、設備が充実していて、周囲の環境も良く、都心からのアクセスが良い…そんな十全十美なキャンプ場を探し求めては、毎回なっぷの海に溺れていく私ですが…今回、理想のキャンプ場を見つけました!その名は「キャンプマナビス」。[…]

キャンプマナビス海サイト浜

また、私が本当に美味しいと思う魚をランキングにして以下の記事にまとめましたのでこちらもご参考まで。

関連記事

「あなたが一番おいしいと思う魚は?」そう聞かれて、意外と即答できないのは私だけだろうか。もっとも、「美味しい」の定義は人それぞれ。その回答は三者三様になろう。しかし、釣り歴30年を語る釣り好き親父としては、やはり自分[…]

ヒラメの刺身
Advertising
ホッケの開き
最新情報をチェックしよう!